BX5 Carbon

Compact studio monitors for music production & mixing

BX5 Carbon

BX5 Carbonスタジオ・モニタは、レコーディングやミックスといった音楽制作の現場で精度の高いサウンドとダイナミクスを提供します。コンパクトなボディに、5インチのケブラーコーン・ウーファと1インチのナチュラル・シルクドーム・ツイータ、および低ノイズでパワフルな計70WのClass A/Bバイアンプを搭載し、フラットな周波数特性と明瞭なステレオイメージ、低ノイズかつハイパワーを誇る、現代の音楽をモニタするためのプロフェッショナル・パワード・モニタスピーカです。

2014年2月28日(金)発売。

¥15,800(1本)

Acoustic Control

モニタスピーカの設置場所は、様々な事情により、必ずしも音響的にベストなポジションになるとは限りません。BX5 Carbonにはアコースティック・スペース・コントロールが搭載されていますので、スピーカの設置場所に合わせて音響特性を補正することができます。サウンドの精度やステレオイメージを損なうことなく、簡単に設置場所に最適な音響補正が可能です。

Sweeter Sweet Spot

新しいツイータのウェーブガイドは、広いスイートスポットと優れたステレオイメージを提供します。正面の青い電源LEDはピンホール状に設置され、最適なリスニング・ポイント(スピーカの設置場所)の確認を容易に行うことができます。

「AKAI professional / M-Audio モニタ・スピーカについて語る」野村ケンジ氏

BX5 Carbon

現在販売中のinMusicブランドの小型モニタ・スピーカ「AKAI professional RPM500」「M-Audio BX5 Carbon」「M-Audio M3-6」を、オーディオ&ビジュアル・ライタの野村ケンジさんに試聴いただきました

BX5 Carbonの主な特長
  • フラットな周波数特性、コンパクトなボディ
  • ケブラーコーンの5インチウーファ採用、明瞭な低音域
  • 低ノイズでパワフルな計70W(40+30)のClass A/Bタイプのバイアンプ搭載
  • 設置環境に合わせて補正可能なアコースティック・スペース・コントロール
  • ガイドLEDにて、最適なリスニング・ポイント(スピーカの設置場所)を容易に確認可能
  • きめ細かい高音域を再現する1インチのナチュラル・シルクドーム・ツイータ
  • 現代の音楽に最適化された56Hz〜22kHzの周波数特性
  • サイズ(W x H x D):約176 x 250 x 200 mm
  • 重量:約5.0 kg
  • (1台単位での販売です。ペアではありませんので、ご注意ください)
仕様
タイプ:
  • 2ウェイ・ニアフィールド・スタジオ・リファレンス・モニタ
LFドライバ:
  • 防磁保護された5インチ・ケブラーコーン(高温ボイスコイル)
HFドライバ:
  • 防磁保護された1インチ・ナチュラル・シルクドーム
周波数特性:
  • 56Hz 〜 22kHz
クロスオーバ周波数:
  • 3kHz
定格出力:
  • 低域:40W
  • 高域:30W
SN比:
  • 100dB(typical A-weighted)
入力端子:
  • XLRバランス入力端子 x 1
  • TRSバランス/アンバランス入力端子 x 1
極性:
  • +入力時、正の信号で、LFドライバを外側へ駆動
入力インピーダンス:
  • 20kΩ バランス、10kΩ アンバランス
入力感度:
  • 85mVピンクノイズ入力で90dBA出力SPL(1メートル; ボリュームコントロール最大)
出力:
  • 70W
保護回路:
  • RF干渉、出力電流制限、加熱保護、電源オン/オフ過渡保護、サブソニック・フィルタ、外部メイン・ヒューズ
  • 電源:
    • 100V ~50/60Hz
    キャビネット:
    • Vinyl-laminated high-acoustic-efficiency MDF
    サイズ(W x H x D):
    • 約176 x 250 x 200 mm
    重量:
    • 約5.0 kg

※ 仕様は断りなく変更される場合がございます。