DS1

Serato Digital Vinyl Audio Interface

DS1

DS1は、コンパクトで高品位、そしてコスト・パフォーマンスの高いSerato DJ対応DVS(Digital Vinyl System)インターフェイスです。手のひらほどの小さな金属ボディに、接続に必要な端子をすべて備え、ターンテーブルやCDプレーヤーからのNoiseMap信号(タイムコード信号)を正確にソフトウエアに伝え、精度の高いコントロールが可能です。また音声出力はスタジオグレードの24bit/96kHzの高品位サウンド。DS1の高いトラッキング性能とクリアな音声は、DJパフォーマンスの新しいスタイルの到来を告げます。

2015年7月25日(土)発売。

サポート
For the Love of Vinyl
DS1

DS1は、アナログレコードのフィーリング、信頼性、音質、サイズ、堅牢性、コスト・パフォーマンス…など、すべてを望むクラブDJやターンテーブリストのためのSerato DJ対応のDVSインターフェイスです。

DJソフトウエアのスタンダートとも言えるSerato DJ、また、Serato NoiseMap Control Tone VinylレコードとCDが各2枚、RCAケーブル4本が付属していますので、お手持ちのターンテーブルやCDプレーヤーを接続するだけで、別途Serato DVS Expansion Packをお求めいただくことなく、すぐにプロフェッショナルなデジタル・バイナル・システム(DVS)が完成します。

DS1の主な特長
  • Serato DJのためのプレミアムDVS(Digital Vinyl System)インターフェイス
  • Serato DJ付属(要ダウンロード、Serato DVS Expansion Packは別途購入不要)
  • 左右2系統のRCA入出力端子
  • スタジオグレード24bit/96kHzのDAC(デジタル・アナログ・コンバータ)搭載
  • サンプリングレート:44.1kHz、48kHz、96kHzに対応
  • ターンテーブル用のGND(アース)端子
  • 4in4outの高品位オーディオ・インターフェースとして、DAWソフトウエアなどでも使用可能
  • USBバスパワー駆動
  • 堅牢なフルメタルボディ
  • 付属品:Serato NoiseMap Control Tone VinylレコードとCD各2枚、USBケーブル、RCAケーブル
仕様

> クリックで表示・非表示切り替え

ライン入力1〜4(アンバランスRCA)
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz(±0.02dB)
  • ダイナミックレンジ:103dB(A-weighted)
  • S/N比:100dB(1kHz、+6dBV(2Vrms)、A-weighted)
  • 全高調波歪+ノイズ:0.002%(1kHz、+6dBV(2Vrms))
  • 最大入力レベル:+9dBV
  • 入力インピーダンス:47kΩ
フォノ入力1〜4(アンバランスRCA)
  • ダイナミックレンジ:81dB(A-weighted)
  • 全高調波歪+ノイズ:0.022%(1kHz、-27dBV)
  • 最大入力レベル:-26dBV(53mVrms)
  • 入力インピーダンス:47kΩ
ライン出力1〜4(アンバランスRCA)
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz(±0.07dB)
  • ダイナミックレンジ:100dB(A-weighted)
  • 全高調波歪+ノイズ:0.007%(1kHz、-1dBFS)
  • 最大出力レベル:+6dBV
  • 出力インピーダンス:100Ω
ライン出力1〜4(アンバランスRCA)
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz(±0.07dB)
  • ダイナミックレンジ:100dB(A-weighted)
  • 全高調波歪+ノイズ:0.007%(1kHz、-1dBFS)
  • 最大出力レベル:+6dBV
  • 出力インピーダンス:100Ω
一般
  • オーディオ・インターフェース:24bit
  • サンプリング周波数:44.1、48、88.2、96kHz
  • 端子:2 x RCAステレオ入力端子(CD/PHONO切り替えスイッチ)、2 x RCAステレオ出力端子、USB2.0端子、PHONO用GND(アース)端子
  • 電源:USBバスパワー
  • サイズ(W x D x H):約11.9 x 7.7 x 2.3cm
  • 重量:約0.25kg

※ 仕様は断りなく変更される場合がございます。