ALTO professional機材導入事例

eatable EBIS

Webサイト

eatable EBIS

eatable EBISのお店コメントは、なかなか魅力的です。

「ライブやパーティーイベントも積極的に行っているレストラン東京・恵比寿<eatable EBIS>。
お店の大きな扉を開くと、心とカラダを豊かにする魔法のテーブルがあります。
気心知れた大切なひとと、暖かくて懐かしいお皿と一緒におしゃべり。
誰かにこっそりと教えたくなるお店です。
忙しい毎日、自分以外の人間と落ち着いた時間を過ごしたくなった時、恵比寿の街にはeatableがあります」

どうですか?こんな場所でのライブやパーティーへのご招待なら、間違いなく最高の演出を体験する事ができるでしょう。

通常カフェで行われる「ライブ」では「2人組のような小編成のユニット」での演奏が主流ですが、この日はドラム、ギター複数、コーラス隊の入った「バンド編成」もあり、お客様に演奏を届けるPAスピーカーに加え、演奏用のモニタースピーカーにALTO Professional TX10を追加してセッティング。充分に広いスペースなのでさまざまなスタイルでも対応可能できるeatableです。

使用機材
  • ミキサー:LIVE802
  • メインスピーカー:TX10 ×2
ミキサー:LIVE802

eatable EBIS

eatableでは、PA機器の常設をしていません。ライブ、イベント時のみに機材をセットします。この日は視覚的にもジャマにならないドラムの後ろにミキサーをセット。常設では無い分、イベントに合った場所にセットできる事が利点です。ミキサーにはボーカル・コーラスマイク 3本、アコギ、サンプラーを入力。ミキサーからはメインスピーカー、モニタースピーカーへ出力。ミキサー ALTO Professional LIVE802は8チャンネルの小型なミキサーですが上記の入出力ができます。カフェでのライブ、イベントには最適のミキサーです。

メインスピーカー:TX10

小さいスピーカーでもしっかりと音を飛ばすことで定評のALTO Professional TX10。省スペースにもなりステージのジャマになりません。

eatable EBIS

eatable EBIS

カフェ・レストランでのライブですとステージが高くないため大きいスピーカーを置くと懸命に演奏している方の顔が見なくなってしまう事もあります。

モニタースピーカーもTX10を使用。小さいので足元はスッキリ。周りの音に埋もれにくい音色なので演奏しながらの聴きやすいモニタリングに最適です。

eatable EBIS
eatable EBIS
eatable EBIS

ドラムは、後ろの壁ぎりぎりに設置する事も多く、モニターのスペースが取れないことが多々ありますが、TX10だと狭いスペースにも収まります。

eatable EBIS

最大120名様対応できる広々とした店内。結婚式二次会、歓送迎会からライブやパーティーイベントと、貸切団体様でご予約可能です。美味しいお料理と最高の音楽をeatable EBISで是非どうぞ。

eatable EBIS
eatable EBIS
eatable EBIS
eatable EBIS

撮影協力:7272

〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-14-10 B1F(Googleマップ
TEL:03-5708-5989

OPEN:11:30〜15:00(Lunch)/18:00〜Midnight(Dinner)